2014年01月31日

冬休みを利用して韓国・釜山に行ってきました④


今日が釜山の最後の報告になります。



過去、釜山に来ると国際市場を中心に行動をしていました。

2年前は国際市場から「チャガルチ市場」「チョッパル(豚足)通り」と少し行動範囲を広げてみました。
※恥ずかしながら地理がわかる方からすると、たいした距離ではありません。

今回は、もう少し行動範囲を広げてみました。
初めて韓国の地下鉄に乗りました。

切符は、タッチパネルの日本語の画面切り替えがありますので、ラクに買えます。

しかしいきなりハプニング。
日本と同じだと思い込んでホームへ。
そしたら反対方向のホームだったのです。
ホーム同士がつながってません。

どうしたら良いの?

2人で不安な顔をして周りをキョロキョロ。
韓国の親切なおばさんが日本語で声をかけてくれて
僕たちを正しいホームに案内してくれました。
もしかしたら僕らを反対のホームに連れて行ってくれるために
入場料を払ってくれたのかもしれません。

こんな親切、日本でもあまり受けたことがありません。
感動しました。
ただお礼を言うしかできませんでした。
※僕も誰かにお返しをしようと心しました。


とりあえず無事に釜山駅(写真)に到着です。
目的は、市内を廻るシャトルバスに乗ることです。

これがシャトルバスになります。このバスは2階建てでした。

とりあえずシャトルバス乗り場を探さないといけませんが、
乗り場の地図もありません。
20分ぐらいウロウロ。
ようやく現地の人に日本語で声をかけて、乗り場がわかりました。

ここがシャトルバス乗り場前のホテルです。釜山駅の向かって右手にあります。


シャトルバスの行き先は
「西周りコース」「東周りコース」の2つがあります。
どちらも1周約90分です。

僕たちは予定もなかったので、両方に乗りました。
シャトルバスの好きな所で降りることができます。
専用のシャトルバスのバス停で待てば、次のバスも自由に乗ることもできます。
料金は各コース千円だと思います。

シャトルバスはいろんな所を廻ってくれます。
「太宗台」「広安里」「海雲台」などに廻ってくれました。
※今回は、シャトルバスで車中で観るだけにしました。



写真は車内から撮りました。
次回来た時、「太宗台」「広安里」「海雲台」を実際に歩いてみたいです。

今回シャトルバスに乗ったことで、釜山の地理に詳しくなれました。
おかげで視野が少し広くなった気がして、
すごく充実できた旅行ができました。

また釜山に行きたいです。
  


Posted by 写真の松屋 at 10:02Comments(0)スタッフ別 日記

2014年01月30日

映画「永遠の0」を観て


写真の松屋スタッフ、フォトコーディネーター鳥巣真美


こんにちは!写真の松屋スタッフの鳥巣 真美です。
今日はわたしがブログを担当します。



昨年末、ずっと観たかった

映画『永遠の0』を観てきました。



原作も3回ほど読み、
この作品に出会って初めて戦争について深く学ぶことができました。

ゼロ戦のパイロットである主人公が
「お国の為」に死ぬことが当たり前の時代、家族の元に必ず生きて帰ると誓う。

「非国民」扱いされながらも、
この誓いを守る為奮闘する主人公が最後は特攻で死んでしまう・・・

誰よりも死を恐れていたのに何故?
少しずつ明らかになる主人公の人間力に心奪われます。

戦争とは?
愛とは?
私の本当に大切なものは何だろう?
色々、今の自分に当てはめて考えるキッカケになった作品です。

開始数分から涙腺緩みますが、オススメです!

  


Posted by 写真の松屋 at 10:05Comments(0)スタッフ別 日記

2014年01月29日

2月9日 お子さんのための貯金の勉強会開催のご案内


こんにちは!店長の松尾勝彦です。
今日は、2月9日(日)の店長のおススメ勉強会
「お子さんのための貯金の勉強会」のご案内をしたいと思います。

そもそも、なぜ写真館で貯金の勉強会を行うのでしょうか?


その理由は、お金で子供たちの夢をあきらめさせないでほしいから。


写真の松屋の経営理念に、
「子供たちの明るい未来の応援団」があります。

この中には、
・子供たちの夢を応援する
・子供たちが将来に希望を持てる社会作り
・子供たちが早く大人になりたいと思う社会作り
・子供たちが早く働きたいと思う社会作り
このような想いが入っています。

僕は夢があります。
その夢は35才の時にできました。
夢を持ってわかったことがあります。

それは
・夢を持つと、軸がブレません
・夢を持つと、優先順位が付けることができます
・夢を持つと、集中できます
・夢を持つと、勉強することが好きになりました
・夢を持つと、失敗しても挫けません
・夢を持つと、挑戦する勇気が持てます
だから特に若い人に夢を持って頂きたいと思っています。

そもそも、なぜ多くの方が夢を持てなくなるのでしょう?
理由はいくつもあると思います。
一番多いのは、
子供の頃に描いた夢が、成長するに連れて「自分では無理だ」と理解して行くからかも知れません。

もう1つ多い理由は
何気ない大人の一言
「それ(その夢)では、食べていけないよ!もっと安定した職業にしなさい」
とお子さん達に言っていませんか?
意外と、これをお孫さんに言ってしまうおばあちゃん達が多いです。
僕が「夢」と「お金」が関係していると思っている理由です。

この勉強会は、
・お金の基礎
・お金の性格
を学ぶ勉強をします。

実際、僕も40年間貯金ができませんでした。
しかしこの勉強会で学んだ事で貯金ができるようになりました。
驚いた事に、亜希子が一番喜んでくれました。
それまで貯金は
・苦しいこと
・ガマンすること
と思っていました。

でもその考えは間違ってました。
キチンと理解すると、ゲーム感覚で楽しくなります。
おかげで以前は、高価で買えないと思って諦めていたものが、買えるようになりました。

またもう一つ、貯金ができる前までの考え方で、
「使う分だけ、稼げば良い」と思っていました。

でもこれも違ってました。
・働いてお金を稼ぐこと
・貯金を習慣にすること

この2つのことを同時に理解しておくことが大切だということを知りました。

貯金は、習慣です。


正しい知識を、早くから始めていた方が良いです。

しかし世間一般、お金の話をすると
・やましい
・お金の亡者
みたいな感じで、誰もお金の正しい知識を教えてくれません。
本当は小学校などで教えてくれると良いのですが、そういった機会がありません。
なので、大人になって浪費癖が付いたり、すぐローンを組んでしまう事になって困っている人が多いと思います。

※前回の貯金の勉強会の時の写真です。

毎回、うちの勉強会では専門の講師の方にお願いしています。
福岡のファイナンシャルプランナーの松波道春先生。
先生とは吉井町商工会青年部の研修会でお会いして、それ以来のおつきあいになります。
とてもやさしい親切な先生です。

※スマートフォンで見ると、小さくて見えにくいかもしれないと思って、いつもより少し画像を大きくして掲載しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お金のことで「夢」をあきらめて欲しくないから貯金の勉強会
(今回の勉強会は小学生以上のお子さんも参加できます)

1年ぶりのファイナンシャルプランナー 松波道春先生の貯金の勉強会
日 時:平成26年2月9日(日)15時00分〜16時50分(14時45分受付)
場 所:写真の松屋 2F スタジオ 
定 員:16名【本日より受付・最終受付2月7日(金)まで・ただし定員になり次第締切り)
参加費:お一人様 大人2,000円 ・小中高学生 1,000円
持ち物:筆記用具・計算機をご持参下さい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貯金には、コツがあります。
コツを知っていれば、誰でもできるようになります。
・貯金のコツは、お財布を3つ持つ事
・貯金のコツは、社会に出て行く前の18才までにお金の基礎を理解する事
勉強会で学んだ事を、日々の暮らしの中でお子さんに教えてあげて欲しいのです。
ぜひお子さんのためにもご参加ください。


写真スタジオお問い合わせ電話番号

ご予約やお問い合わせなど、お気軽にご連絡下さいませ。




  


Posted by 写真の松屋 at 09:30Comments(0)イベント

2014年01月27日

同窓会に参加して


写真の松屋スタッフ、フォトコーディネーター松尾亜希子


写真の松屋のフォトコーディネーターの松尾 亜希子です。
今日はわたしがブログを担当します。




今年も、お店の営業は元旦からしていました。
今年最初のプライベートのイベントは2日にあった同窓会。

私が中学校の先生をしていた時の教え子達との同窓会です(*^^*)



本来は2日は、実家の「お節」もあるのですが、
無理言って行かせもらいました(^^; 

教え子達は、みんな立派に素敵に綺麗にかっこ良くなっていました。


身長が高くなっていたり、
メイクもバッチリ、
パッと見ただけでは誰だかわかりませんでした(^^;

「先生わかる?」
って聞かれても...(^^; 

話をしていたり、名前を聞いたりすると中学生の頃の様子が浮かんで来ました(^^) 
お世話になった先輩の先生方とも再会でき、懐かしく嬉しかったです(^^)

最後に卒業の年に担任をしていた子達から
「当時のクラスメンバーで一緒に写真を撮ろう」
と言ってくれたのも嬉しかったです(^o^)/ 



私を育ててくれた大切な教え子達です(*^^*)





  


2014年01月26日

「写真の松屋」で、いろんな勉強会を行ってる理由


こんにちは!
店長の松尾勝彦です。

今日は、

なぜお店でいろんな勉強会をしているのか?


について書いてみたいと思います。
きっと不思議なお店だと思っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?face02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なぜ僕のお店「写真の松屋」は、いろんな勉強会を行いっているのか?というと


それは、

子供たちに自分の可能性を知ってもらいたいためです。



僕が32才の時に
人生の師匠に出会ったことがキッカケでした。
それまでの自分は自信が持てなくて、いつも「ダメだ!」「ダメだ!」と思っていました。
また周りからも「どうしてお前はいつもそうなん!」と言われ続けました。

そんな時に師匠から言われた言葉があります。

「そもそもできないのには、理由があるよ。
だからその理由を解決したしたら、誰でも簡単にできるようになるよ!」と言われました。


(この言葉は、僕の人生観を180度変えてくれました)

その時にハッと
「できない理由って、何だろう?」と思いました。

それから自分のできない事を勉強しました。
・写真のこと
・お店作りのこと
・スタッフのこと
・リーダーシップ
・お片づけ
・字の練習
・時間管理
・貯金
などなど、いろんな先輩、先生や本から学びました。

そして全てにコツがある事を知りました。
その事がわかった時に
正直「なんだ〜!たったこれだけの事で、できない自分を責めていたのか?」
と唖然としました。

今思うと「できない自分を自分で責める!」という事は、とても悲しい事です。
なぜなら他人も自分も誰も自分の事を認めていない事になるからです。
それでは、体が病気になるのも仕方がないのではないでしょうか。

もしかしたら、僕のように困っているお子さんいるんじゃないかな?
・がんばっているけど、結果が出せない子
・周りから人格を否定されている子
・周りは励ましているつもりだが、言われている言葉で追い込まれている子
・解決策を与えられず、いつも「ガンバレ!」「ガンバレ!」言われ続けて苦しんでいる子
そんな方が、少しでもラクになれたらと思って行っています。

なのでスタッフさんを採用するときも、この点に注目しながら採用しています。
入社前に自信が持てなかったスタッフさんが、
どんどん変わって行く姿を見られるので、こちらも楽しくなります。

僕は師匠に出会って視野が広くなりました。

その出会いを、こんな風に例えて言っています。

「僕は師匠に出会って世界が変わりました。
 それまで一生懸命、塩水の海で泳いでいた金魚だったんです。
 でも師匠から金魚鉢で泳いでみたらと言ってもらって、泳いでみました。
 すごく心地が良くて、こんな世界がある事を知りました。
 その時に人にはそれぞれの役割があると思いました。
 サッカーにも、野球にもそれぞれの役割があります。
 自分の役割を見つける事が大切だと思っています。
 しかし僕が本当にありがたいと思っている事は、
 真水と海水の2つの世界(できないが、できるがわかる)を知る金魚になれたことです」


と言っています。
  


Posted by 写真の松屋 at 10:03Comments(0)スタッフ別 日記店長 松尾勝彦