2014年11月27日

ベビーサンタの撮影会2014



こんにちは!
店長の松尾勝彦です。

今年もベビーサンタの撮影が始まりました。


この撮影は5ヶ月〜1才半の男の子と女の子が対象です。
すごくかわいくて癒されながら撮影しています。

まだ少し空きがありますので、
ぜひ5ヶ月〜1才半の赤ちゃんがいらっしゃる方は
ぜひ撮影に参加されて下さい。

サンタさんの衣裳は、こちらで準備しています。


このベビーサンタの撮影は
訳あって年齢制限をさせてもらっています。
その理由は、
ベビーサンタの撮影の際、
背景にクリスマスツリーなどを配置します。
お子さんが大きく動かれたりすると、
背景のクリスマスツリーなどが、
切れてしまうので年齢制限をさせてもらっています。


この撮影は、クリスマスにちなんで
お子さんの写真入りクリスマスカードを
5枚プレゼントしています。
お客様にすごく喜んで頂いています。

お子さんの写真入りクリスマスカードが
クリスマスまでに間に合う様に、
撮影を12月14日までにさせてもらっています。

実は、この話はお客様から教えてもらったのですが
お子さんの写真入りクリスマスカードを
おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントされて
徳をされたお客様がいらっしゃいます。

クリスマスの日に
おじいちゃんやおばあちゃんンにプレゼントされたら、
一週間後のお正月の際に
お年玉が例年より多かったと
いう話を聞かせて頂きました。

おじいちゃんやおばあちゃんも
すごく喜ばれたのでしょうね!

その話を聞いて嬉しくなりました。
幸せの連鎖、ありがたいです。


写真スタジオお問い合わせ電話番号

ご予約やお問い合わせなど、お気軽にご連絡下さいませ。

写真の松屋ホームページ

撮影メニューや料金システムはホームページをご覧下さい。











  


Posted by 写真の松屋 at 10:33Comments(0)お得な撮影キャンペーン

2014年11月26日

あな吉手帳講座inうきは市



昨日、定休日を利用してお店で、

あな吉手帳講座を行いました。


講師は公認インストラクタのあべともみさんです。

あな吉手帳講には
「はじめて講座」「基礎講座」「フォローアップ講座」があり、
前回「はじめて講座」を受けましたので、
今回「基礎講座」を受けましした。
今回もわかりやすく教えて頂きました。
あな吉手帳は奥が深いですね。


嬉しいのは、亜希子が手帳をいつも使っていることです。

よく亜希子とはスケジュールの管理や、
仕事のやり方で意見が合わないことがありました。

手帳を持った方が良いよ!とアドバイスしても
なかなか持ってくれませんでした。

昨年の終わりに手帳を買って来て、
良かった!と思っていたのですが、
使い切れずに途中で断念していました。

今回、あな吉手帳は彼女の性格に合っているようで、
時間があれば手帳を開いています。

今の世の中、航空券の早割など段取り上手が
徳をするところがあると思います。

事前に予定を決めて行動できることが大事だと思います。

ぜひ手帳を使って段取り上手になって頂き、
余裕のある生活を送って頂ければと思っています。

先生の手帳を見せて頂き、感心している受講生さんたち。
  


Posted by 写真の松屋 at 10:30Comments(0)イベント

2014年11月20日

知っておきたい手帳の役割



こんにちは!
写真の松屋店長の松尾勝彦です。

亜希子の主催で

11月25日(火)13時00分〜14時30分
あな吉手帳はじめて講座の開催が正式に決まりました。

お電話でお申込を受け付けています。
お電話の際、スタッフに
「あな吉手帳はじめて講座に参加したいです」と言って下さい。

この勉強会は、当店にご来店されたことがない方でも参加できます。
フェイスブックからでも受付ができます。

あな吉手帳「はじめて講座」


日 時 11月25日(火)13:00〜14:30[1時間半程度](12:45受付)
場 所 写真の松屋 2F スタジオ
対 象 時間を有効に使いたいと思ってある方
定 員 12名 (定員になり次第締切)
参加費 1人 2,000円(講座費1,000円+諸経費1,000円)

持って来る物
・筆記用具(持ってあれば、フリクションペン:消せるボールペン)
・3〜4日分のスケジュール (ワークショップ用:簡単なものでOK)

主婦向けの手帳なのですが、
男性も参加して良いそうです。

お子さん連れでも参加できます。
ただし他の受講者の方にご迷惑がかからない様にお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この間、
先日行った「あな吉手帳はじめて講座」プレ講座に来て頂いた
Sさんの旦那さんから

「松尾さん!手帳講座に行ってから、嫁が、
 手帳ばっかり1時間以上もいじって、
 家事をしなくなりました!
 どうしたらよいのですか?」と言われました。

※講座を行う際に、私たちのお店では
 教室等を当店のお客様に紹介しても大丈夫なのかどうか?を
 私たちスタッフが直接講座を実際に受けて判断しています。
 プレ講座は日程が急に決まるので
 フェイスブック等でお知らせしてお客様にもご参加頂いたりもしています。

Sさんの言っていることは、
僕としては奥さんのやっていることは良い事なのにと思いました。

そのとき、ハッと思いました。
Sさんの旦那さんは、多分ご存知ないのではないでしょか?

それは優先順位です。

この優先順位の付け方を、
僕も元々知っていたわけではありません。

社会人になって、先輩から教えてもらいました。

例えば、もし以下の仕事があったら、
どれを優先しますか?

①緊急で、重要なこと
②緊急でない、重要なこと
③緊急で、重要でもないこと
④緊急でなく、重要でもないこと

多分、多くの人が①と答えると思います。

でも一番大事な仕事は②です。
緊急でない、重要なこと
先にやってしまうこと。

①の仕事の多くが、②ができていないから起こります。
②が解決できると、①はほとんど起こらなくなります。

しかし
②の仕事は、目に見えにくく、
①の仕事は、目に見えやすいので、
つい①の仕事に追われてしまいます。

Sさんの奥さんは、
②を行っていたわけです。

しかし②は、まだ準備段階なので、
すぐに結果が出るわけではありません。
時間がかかります。

大事なことは
この②段階になる際に、本人に向かって横から
「まだしてるの?」
「早くして!」
「ムダなことして!」
「いつまでやってんだ!」
なんって言ってしまうと、
せっかくやる気になっているのに、
やる気をそいでしまいます。

元々、時間管理が出来にくいから
手帳を使って時間管理を意識わけですから。
準備はすごく大事です。

この手帳は、今まで苦手だったことが
楽しみながら、実現できる。

手帳にかかっている時間も、
だんだん短くなるはずです。

結果、家族がハッピーになる。
家の中にイライラのストレスがない。
良いと思いません?

ストレスを無くすために始めた手帳を、
かえってストレスのタネにするのは
もったいないです。

ソッとソッと応援してあげて下さい。

  

Posted by 写真の松屋 at 11:00Comments(0)イベント

2014年11月17日

週休2日のお願い


あしあと通信11月号 本文から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年1月から、今までの火曜日定休日と、
新たに水曜日にお店をお休みさせて頂こうと思います。

定休日を増やしても、
スタッフさんには出勤してもらいます。

水曜日にお店を閉めて何をするかというと、
スタッフ勉強会と仕上げの作業に当てたいからです。

お店を開けていると、
どうしてもスタッフ全員で勉強会を開くことができませんでした。

もっとお客様に喜んで頂きたいから、
スタッフのスキルアップは必要です。

お店をお休みする事で当然売上が下がりますが、
スキルアップする事でお客様に喜んで頂いた方が良いと考えました。

あともう一つは
作業を集中してできる時間を作る事です。
これができると納期を短縮できると考えました。

私たちの仕事は撮影とは別に、
コンピューターを使って写真の加工の仕事やアルバムのデザインの仕事があります。

今までは撮影などの合間にしていましたが、
シーズンになり撮影が立て込むと、
閉店後も作業をしていましたが、
納期が遅くて、お客様にご迷惑をおかけしていました。

しかしお客様によっては水曜日にお祝い事をされる方もいらっしゃるかと思います。

私たちの仕事は、
お客様の人生の節目の一生に1回のお祝い事なので、お断りすることができません。
もし火・水曜日にお祝い事をされる場合は、
事前にご相談頂ければ撮影のみお受け致します。

お客様に喜んで頂けるお店にしたいので、どうかご協力をお願い致します。
  


Posted by 写真の松屋 at 10:30Comments(0)

2014年11月14日

13回目の結婚記念日


あしあと通信11月号 本分から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、待ちに待った

13枚目の結婚記念日の写真が届きました。




今年は夏に東京に勉強会に行ったついでに
栃木県の「天使の森(写真館)宇都宮店」で撮影をしてもらいました。

私たち夫婦は毎年7月15日の結婚記念日の
近くの時期に写真を撮っています。

キッカケは、
結婚する前にお客様から
「結婚したら毎年写真を残すと良いよ!」
と教えてもらったことでした。

最初は照れくさかったけど、
今になってみれば「宝物」です。

写真1枚1枚にテーマがあって
「この時期に大切にしているものが思い出せる」と
思って撮影しています。

スタッフに撮ってもらう写真もありますが、
なるべく写真館に行って残すようにしています。

その理由は2つあります。

1つはお客様の気持ちや立場になってみること。
写真館で、なかなかお客さんになる事はないのですが良い勉強になります。

もう1つは、写真の勉強です。
今回も写真の勉強がすごくできました。
私たちのために社長さんが2時間以上も時間を作って下さいました。
「朝礼のやり方(この会社の朝礼のやり方はすごくて他の業種の方も見学に来られます)」
「お店を作られた意図」
「お客様に対する考え方」
を話して頂きました。
ありがたい話をたくさんして頂きました。

きっと今回撮った写真を見る度に、
この話の内容を思い出すことができることでしょう。

結婚記念日の13枚の写真を見ると、
自分たちの成長を感じる事ができます。

私たち夫婦は、決して良い時ばかりではありませんでした。
苦しい時期もありました。
あえて写真を残していることで、
乗り越えて来れた今を大切に感じる事ができます。

夫婦の成長を記録に残す事はとても良いことだと思います。

みなさんも毎年は難しいかもしれませんが
5周年・10周年と節目に
夫婦だけで撮影をされることをおススメします。

最初は照れくさいかもしれませんが、
夫婦の距離が縮まって、
とても良いですよ!

  


Posted by 写真の松屋 at 10:30Comments(0)あしあと通信