› 「店長のひとりごと」福岡県うきは市の写真の松屋株式会社 › 店長 松尾勝彦 › 投資と思っていたことが、浪費だった!

2018年12月30日

投資と思っていたことが、浪費だった!


昨日のブログに片付けの恩恵について書きました。

でも、以前は全く反対のことをしていたし、
そのことが正しいと思い込んでました。

何を基準に考えていたのか?と言うと
「時間」です。


僕が片付けが、全くできない頃に考えていたことは、
「探す時間がもったいない。探すくらいだったら、たくさんあった方が良い」
という考え方をしていましたので、ハサミやボールペンが山のようにありました。

たくさんあるのにも関わらず、
100円ショップに行ったら
「ハサミ」「ボールペン」「消しゴム」「ホッチキスの針」を、
毎回買ってました。

投資と思っていたことが、浪費です。

実は、時間を基準にした考え方は、
スタッフの雇用にも影響しました。

当時の僕は「スタッフがたくさんいたら、自分の時間ができる」と思ってました。
なので、多い時には社員3名、パート1名を雇ってました。

しかし全然、時間が生まれません。
反対に、どんどん自分が忙しくなります。

その理由は、
①教える時間に取られる
②スタッフができる所まで、僕がやらないといけなくなる

そのため、スタッフはできる仕事がなく、ボーッとしてるのに、
自分だけがバタバタしてる状態でした。
しかし、将来のために仕方のないことだと思ってました。

そして、当時5年間で20名のスタッフが入れ替わる状態になってました。
なので、
①新しいことが全くできない
②スタッフが定着しないので、評判も悪くなる

そんな状態の時に、救ってくれたのが「片付けの知識」でした。
片付けを学んだ際に、思ったことは
「片付けは、誰でも再現できる科学。片付けに性格は関係ない」ということでした。

そこから、どんどん片付けにのめり込みます。
まずやったことは、
①社内にある備品(ボールペーン・ハサミ)を全部集めました。
②そして全ての備品の定数を決めて、持ち主や置き場所のシールを貼りました。


そしたら、
①無くならない
②探すことがない
③シールを貼っているから、持ち主に戻って来る
④買わな良くなる
結果、少しずつお金と時間が貯まって来る。

在庫に関しても同じことが言えます。
そのため倉庫がいらなくなります。

現在はスタッフの雇用に関しても、
なるべく少ない人数で仕事をするようにしています。

そのおかげで
①人件費が下がる
②少ない人数なので効率化のための知恵を出す
③ボーナスが通常夏と冬の年2回ですが、期末(2月)に期末賞与が出せる場合がある
④スタッフの人数が少ないので、チームワークも良い
⑤人が少ないので、いろんな仕事ができることが求められます
⑥スタッフも定着しますので、仕事の質が上がります
⑦仕事の質が上がれば、新しいことを始めることができます
また、きちんと財務の勉強をしたおかげで、
お金の整理整頓ができていますので、
忙しくてもスタッフから「人を増やしてほしい」ということも言われません。

その理由は、スタッフに毎月 月次決算書を見せていますので、
スタッフが増えれば、自分の賞与が減ることがわかっているからです。
なので、また知恵を出します。

来年1月の成人式が終わって、作業も一段落したら、
また社内を片付けの知識を使って、
改善して行く予定にしています。

さらに快適に仕事ができるのではないか?と思っています。
楽しみです。

片付けが、本当に良いのは
「お金がかからないこと」です。

ぜひ、おススメしたいスキルです。

追伸
読んでもらってありがとうございます。

もし僕のブログを読んで、
ためになったと思って頂けたら、
ブログの読者登録をお願いします。
ブログを書く励みになります。



同じカテゴリー(店長 松尾勝彦)の記事画像
効率を上げて、非効率なことして、さらに効率が上げる
8ヶ月の赤ちゃんのなかよしベビー撮影会
片付けには、めんどくさいが役に立つ
夢を描くキッカケに・・・・
片付けの恩恵を受けた年になりました
ポップコーン入荷しました!
同じカテゴリー(店長 松尾勝彦)の記事
 効率を上げて、非効率なことして、さらに効率が上げる (2019-01-07 09:30)
 8ヶ月の赤ちゃんのなかよしベビー撮影会 (2019-01-06 14:12)
 片付けには、めんどくさいが役に立つ (2019-01-03 09:53)
 夢を描くキッカケに・・・・ (2019-01-02 12:13)
 子どもに片付けや貯金の習慣を (2018-12-31 08:33)
 片付けの恩恵を受けた年になりました (2018-12-29 13:01)

星デザイン

コメントを書く

※必須項目は必ず記入下さい

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。